TOP > お参り・ご祈祷

神棚のまつり方

 方角は南か東に向くのがい良いとされていますが、間取りによってはお祀りするのにふさわしい明るく清らかなところが良いでしょう。出入り口や窓の上は避け、部屋の上座の壁面に祀ります。棚板は鴨居につりますが、壁の中に納めたりする場合もあります。
 いずれも中央に宮形を据え、正面に鏡や御幣、左右に榊縦や灯篭などを立て、注連縄は綯い始が向かって右に向くようにして取りかけ、紙垂をつけます。
 神棚には毎日お供え物をして拝礼します。神様のお食事ですのでお米かご飯、塩と水は欠かさず、お神酒や季節のものも折々お供えします。お下げしたお供え物は神様の御霊がこもっているので家庭で頂きましょう。