TOP > 神社庁について

神社庁とは

神社本庁の地方機関として各都道府県にそれぞれ神社庁が置かれています。
愛媛県神社庁では、愛媛県内の神社に関する事務のほか、神社神道の啓蒙活動、地域活動の支援・振興を仕事としています。
現在、県内の神社 1,241社が加盟しており、 県内の神社神道系宗教法人の約8割を包括して います。

沿 革

昭和21年1月
愛媛国学館事務所に於て神社庁設置準備会開催
同年2月
神社本庁設立
同年2月
大日本神祇会愛媛県本部を改組し、愛媛県神社庁設立
昭和22年3月
愛媛国学館廃校
昭和25年9月
愛媛県神社庁報第1号発刊
昭和26年4月
宗教法人法公布
昭和28年11月
松山市桜谷町に新庁舎落成
昭和30年12月
宗教法人愛媛県神社庁設立
平成11年5月
温泉郡川内町に新庁舎落成
平成16年9月
行政区画変更により所在地が東温市へ変更

愛媛県神社庁のご紹介

庁 長
柳原 宰
嚴島神社 宮司 松山市神田町1-7
副庁長
三輪田 泰生
和霊神社 宮司 宇和島市和霊町1451
副庁長
長曽我部 昭一郎
伊豫豆比古命神社 宮司 松山市居相2-2-1
所在地
〒791-0301 愛媛県東温市南方1954-2
受付時間
午前8時30分〜午後4時30分
電話番号
089-966-6640
IP電話番号
050-3508-6540 
FAX番号
089-966-5477
駐車台数
61台

研修会情報

平成28年度東予地区祭式研修会
開催日時
平成29年6月10日(土) 1日間(午前9時~午後4時)
開催場所
平安祭典西条セレモニー会館(西条市小町町新屋敷甲1209-1)
研修内容
神葬祭
講師
愛媛県神社庁祭式講師・助教
受講対象者
県内神職・職員 ※中・南予地区の方も受講できます
受講料
2,000円(昼食費込み)
申込期限
平成29年5月26日(金) 必着
携行品
白衣・白襦袢・白帯・白袴・笏(女性はボンボリ)・白足袋・白鼻緒草履
参考書(諸祭式要綱正篇または神葬祭の栞)・筆記用具等
備考
神職の受講者には当研修所より修了証(一日間)が授与されます。
遅刻・早退の受講者には理由の如何を問わず修了証は授与されません。
各支部の祭式委員の方は質問(研修内容や普段疑問に思うことなど)を取り纏めて事前に御提出下さい。