TOP > お参り・ご祈祷

上棟祭

 「棟上げ」とも云われ、家の基礎工事が終わり、柱を立て棟木を上げるにあたって工事の安全と建物の堅固長久を祈願する神事です。地鎮祭では土地の神様に対してのお祭りですが、上棟祭では家や建築の神様へのお祭りとなります。したがって祭典では家の守り神や工匠の神を祭ります。
 神事の特徴として棟木を引き上げる「引き綱の儀」、棟木を棟に打ち固める「槌打ちの儀」などがありますが、最近では機械化も進み、特に個人の家の場合では省略化される傾向があります。また神事終了後、餅や金銭を撒くこともあります。