TOP > お参り・ご祈祷

七五三詣

 七五三は子供の歳祝いをする古くからの風習に由来するもので三歳の男女が始めて髪を蓄える髪置(かみおき)、五歳の男児が初めて袴をつける袴着(はかまぎ)、七歳の女児が始めて帯を締める帯解き(おびとき)のお祝いが起源とされ、11月15日を中心として神社にお参りし、これまでの成長を感謝するとともに更なる成長を祈願します。
 通常は数え年で行いますが、最近では満年齢で行う場合も多くなってきました。