TOP > お参り・ご祈祷

神前結婚式

 言うまでもなく結婚は人生の中で一番大切な人生儀礼です。昔は祝言といって各家庭で行われてきましたが、明治33年皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)と九條節子姫(後の貞明皇后)のご婚儀がご神前で行われ、それから神前結婚式が全国に普及しました。
 最近ではその華やかさからキリスト教式の結婚式が流行していますが、その殆どが信仰の伴わないものであり矛盾しています。冒頭にも述べたように結婚式は人生の中で一番大事な人生儀礼です。出来れば矛盾のないかたちで行いたいものです。