TOP > 神社を検索

稲荷神社

  • 神社本殿

  • 絵馬

神社名
稲荷神社
ふりがな
いなりじんじゃ
宮司名
榊山 春明
電話番号
089-984-8114
神社主な祭礼
旧暦2月初午の日 初午祭(併せて祈年祭)
10月14日 例大祭
神社主祭神
稲倉魂神(うかのみたまのかみ)
神社境内社
素鵞神社(2社)
若宮神社
和多都見神社(飛地境内社)
沖神社(飛地境内社)
神社御神徳
五穀豊穣
神社由緒
 聖武天皇の御世、神亀5年(西暦728年)9月の鎮座と伝えられている。
 当初、高柳大明神と称していたが、元暦元年(1184)8月、流宮五社大明神と改められ、享保5年(1720)稲荷大明神と改め、後に稲荷神社と改称した。昔は、社地八町四方に及び、その中に七池七森があったといわれていた。
 この神社の主祭神は稲の神として御神徳が霊妙だったため、江戸時代には藩主から二五〇石の社領寄進があり、五穀豊穣の祈願所として藩主または、奉行が御中屋敷(おなかやしき)まで出座して祓川で禊をし、奉幣に参伺したといわれている。松山藩唯一の稲荷神社であったため、五穀の神として崇敬が厚かったのだろう。
 現在、境内には楠の巨木が今でも御神木と崇められており、参道には約80本の松並木が参拝者を迎えている。
 拝殿には奉納絵馬が多く飾られている。
神社鎮座地
伊予郡松前町大字西高柳130番地1
神社駐車場
有 3台