TOP > 神社を検索

浦渡神社

神社名
浦渡神社
ふりがな
うらどじんじゃ
宮司名
矢野 忠正
電話番号
0897-41-7082
神社主な祭礼
 4月15日 春祭(泉川中学校奉納相撲大会)
 7月24日 夏祭(夏越祭)
10月16、17、18日 例祭
神社主祭神
大山祇命(おほやまつみのみこと)
大雷命(おほいかづちのみこと)
高龗命(たかおかみのみこと)
天津甕星命(あまつみかほしのみこと)
神社境内社
和霊神社(山家清兵衛命)
出雲神社(大国主大神)
粟島神社(少彦名命) 
稲荷社(宇迦之御魂命)
水神社(罔象女命) 
神社御神徳
郷土繁栄
家内安全
商売繁昌
年賀厄除
交通安全
安産など
神社由緒
 勧請の時代は未詳ですが、大和時代(一世紀から五世紀)に創建された社と伝えられています。伊予温故録には「越知郡大三島の内浦渡神社を勧請した。大三島大山祇神社はもと浦渡神社と称し、瀬戸村に在った云々」とある。社名式によれば「但馬国気多郡雷神社、山城国愛宕郡貴船神社、伊予国越智郡大山祇神社」とあり、予陽郡邑古考抄の菅公巡回記には「関を越え、新居郡船木明神及泉川浦渡の神より櫟津の神、神戸磯宮に幣を奉り云々」とあって、讃岐守菅公の幣を奉って参拝の神社であり、大同三年の棟札もある。
 河野家代々の尊崇が篤く、金子備後守、松木三河守、藤田大隈守の社殿築造があり、建武、勧応の頃には繁栄の社であったと云う。
 天正の乱に兵火に罹り、社殿宝物など焼失したが、後に、今の社殿を再建した。
 和霊さんのお祭りは「みこたまさん」といい昭和40年頃までは旧暦7月24日行われていましたが、現在は新暦7月24日に行われています。

神社鎮座地
新居浜市外山町7-19
神社駐車場
有 境内に10台程度