TOP > 神社を検索

一宮神社

  • 2004 一宮神社 矢野哲夫宮司
  • 2004 一宮神社 矢野哲夫宮司
神社名
一宮神社
ふりがな
いっくじんじゃ
宮司名
矢野 哲夫
電話番号
0897-32-2054
神社主な祭礼
10月17・18日 例祭
神社主祭神
大山積神(おほやまつみのかみ)
雷神(いかづちのかみ)
高龗神(たかおかみのかみ)
神社境内社
伊与八幡神社(応神天皇、神功皇后、玉依姫命)
新居神社(事代主命)
神社由緒
 大山積神は往古からの鎮座であって、雷神、高?神は和銅2年8月大三島から奉遷し、爾来、郡一の宮と崇められた。
 社伝に依ると嵯峨天皇の勅願所であり、西条藩主松平公の祈願所六社のうちの一社であり、初代藩主頼純公は、寛文10年11月社領高二石を奉献、元禄7年には数度にわたって神供料を献納 し、毎年9月18日を定例にして、直参、代参を立てられた。長州毛利公も年々代参を立てられ、元和5年には長州に本社を勧請、分祀した。
 社殿は推古天皇の御宇に伊予皇子の裔越智益躬が造営し、建武年中河野九郎左衛門尉、観応年中河野対馬入道、明徳年中金子氏等の造営があり、元和6年には長州毛利長門守、松山加藤左馬頭が協同で社殿を建立、宝永元年11月西条藩主頼純公が寄進し、翌年8月現在の本殿を完成した。伊与八幡神社(境内神社) 延久年中に、伊予守源頼義が、四国に四十八社の八幡を建立したうちの一社である。
 毛利元就、特に崇敬し、慶長年中萩に分霊を勧請して伊与八幡宮と称した。
 江戸高輪邸にも奉斎して代々信仰した。安産の神として婦人の信仰が厚い。


新居神社(境内神社) 
 伊予十四郡の内の三十三社の一社である。往古より国司の崇敬が厄い。明治43年7月16日、海神社、春宮神社、恵美須神社の境内末社の天満宮、風神社を、恵美須神社に合併合祀して新居神社と改称したが、昭和32年8月19日一宮神社の境内神社となる。
神社鎮座地
新居浜市一宮町1-3-1