TOP > 神社を検索

素鵞神社

神社名
素鵞神社
ふりがな
そがじんじゃ
宮司名
森 正史
電話番号
089-964-2514
神社主な祭礼
 1月 2日 新年祭(組祈祷)
 5月 3日 春季例祭(子供相撲・撤餅・神輿渡御)
神社主祭神
須佐鳴尊(すさのをのみこと)

合殿社
金毘羅宮
床浦社(疱瘡神)
秋葉社(防火神)
神社御神徳
疫病よけ神
神社特殊神事
神輿渡御(5月3日春祭)
春祭に神輿渡御がある例は、当地方では稀な例である。
神社由緒
 素鵞神社は旧称を祇園午頭天皇、略して天王社という。疫病除け守護神として広く信仰された。現在地に天王社が祀られたのは、寛政8年(1796)4月2日である(棟札)。
 当社の起源は、松山藩与力衆(9人)が、見奈良丁の藪に居住し、見奈良原開発に当たった頃に祀ったものである。しかし与力衆は大和年間(1681~83)松山城下に引き揚げた。その時、天王社の管理を百姓権衛門に依頼した。その後、寛政年間に神主森飛弾が庄屋・組頭等と図り、現在地に当社を選定し、社殿を造営した。
神社鎮座地
東温市見奈良1515番地1
神社駐車場
有 境内地数台置ける余地あり