TOP > 神社を検索

玉森三島神社

神社名
玉森三島神社
ふりがな
たまもりみしまじんじゃ
宮司名
都築 芳憲
電話番号
0892-52-2013
神社主な祭礼
 1月1日 元旦祭
 4月23日 祈年祭
 7月23日 夏越祭
10月22,23日 秋季例大祭
11月23日 新嘗祭
神社主祭神
大山祇命(おほやまつみのみこと)
神社境内社
玉満神社(奇稲田姫神外三柱)
八霊神社(天鈿女神外十二柱)
神社特殊神事
秋の社日祭
神社由緒
 斉明天皇6年9月、大唐国と新羅と合同し百済国を攻めると聞き、天皇自ら舟師を率い同年12月難波に行幸し、備中下道郡から伊予に渡り、温泉郡橘の行宮に居を構えられた。国司河野玉興奉迎して要害の地を撰み、浮穴郡御津野に仮内裏を営んで還幸する。之を長津磐瀬の宮と称し、行宮を設けた。即ち今の大内野の行宮である。
 同7年4月18日勅願によって大三島より三島大明神の霊を玉谷に勧請した。この御神霊を浮穴郡総津邑神の社に遷宮、跡地に大明神の御分霊を祀って玉森三島神社と称した。当時は王谷と称えたという。又、御津野は大宝年間満穂と改称した。
神社鎮座地
伊予郡砥部町玉谷330番地
神社駐車場
無 境内下の町道周辺5,6台可