TOP > 神社を検索

伊太祁神社

神社名
伊太祁神社
ふりがな
いだけじんじゃ
宮司名
近藤 晃司
電話番号
0896-74-3645
神社主な祭礼
年越歳旦祭
 3月最終日曜日 春季年賀厄除
旧6月13日 夏越大祓
10月15日 秋季例大祭
新穀感謝祭
神社主祭神
五十猛命(いそたけるのみこと) スサノオノミコトのお子
大屋津姫命(おほやつひめのみこと) 五十猛命の妹神
抓津姫命(つまつひめのみこと) 五十猛命の妹神
神社境内社
門神(櫛石窓神 豊石窓神)
梅宮社酒の神
春日社天神社(菅公)
若宮社(若宮大神)
霊神社
稲荷社(五穀社)
八幡社(八幡大神)
水矛権現(天正の義民)
梅林大権現
庚申塚(猿田彦命)
神社御神徳
農林殖産
木材業
漁業
航海
交通安全
厄難除け(難病に霊験)
開拓の神
神社特殊神事
旧6月13日 水矛権現祭
義人 安藤惣之進の命日
神社由緒
 昔から住んでいた人たちは、この地の三月田(サンガツデン)というところに自分たちの祖神である国魂飯神(クニタマイイイノカミ)をお祀したと云う。その後、ここに移り住んだ人たちは、今の和歌山県である紀伊国(キイノクニ)から一宮正一位勲八等伊太祁曽大神(イチノミヤショウイチイクンハットウイタキソオオカミ)の分霊を請いおまつりしたという。今から六百余年前の元中2年(ゲンチュウニネン)のことであり、このお宮を伊太祁神社(イダケジンジャ)と称した。この地域の飯武(イダケ)という呼び名の起こりもこのことからきている。
 なお、この地の三月田には古墳や窯跡があることから、この土地は古くから開けた地域であることが窺える。室町時代の末頃、岡山の児島城主の子、加地修理之進が江州慰ヶ城落城後、当地に来り住み大神を深く尊信し、その子孫長く宇摩郡の大庄屋郷士となるに及び、一族も栄え、次第に社殿神域も整い産土神(いいだけさん)と信仰せられ明治の世を迎える。明治6年村社に認定される。昭和46年基本財産充実の奉賛会が結成され境内が整備された。
 しかし、16年の台風による築後約二百五十年の本殿の修復の課題をかかえ、氏子の少ない小規模神社の対応が問題となっている。
神社鎮座地
四国中央市土居町土居273
神社駐車場
無(近くに数台は可能)