TOP > 神社を検索

惠依彌二名神社

神社名
惠依彌二名神社
ふりがな
えひめふたなじんじゃ
宮司名
米家 敬史
電話番号
089-984-5820
神社主な祭礼
 1月 1日 元旦祭
 8月 1日 夏越祭
10月14日 秋の大祭
神社主祭神
惠日売命(えひめのみこと)
神社境内社
素鵞神社
金刀比羅宮
奈良原神社
生目八幡神社
平若神社(平若左近の供養塔)
神社由緒
 神社の創設は古く、景行天皇(西暦71年即位)の御代と伝えられ、伊予の古宮として伊予二名本宮と称していた。その後、伊予大社五大社大明神と称し現在地の北方約100mに鎮座されていたが、慶長5年(1600年)の兵火により社殿等が焼失した。その6年後、時の松山藩主加藤嘉明公の命により再興され、恵日売命外十六柱が祀られており、元禄から享和の頃(1700~1800年ころ)には、八幡様として崇敬された。
 現存する最古の棟札には、「寛文3年(1663年)惠依彌二名本宮」とあり、明治29年(1896年)に現社名に改称された。また、古書によると、「畳8畳が敷けるような楠が茂り‥‥」とあり、松山城の建築材にも使われたという。
 同社の近くから出土した弥生時代の石剣、玉、鏡、壷型土器を社宝としている。
 現在の社殿は、平成11年(1999年)に伊豫豆比古命神社(椿神社)の旧社務所を移築したものである。
神社鎮座地
伊予郡松前町大字出作304番地
神社駐車場