TOP > 神社を検索

三嶋神社

神社名
三嶋神社
ふりがな
みしまじんじゃ
宮司名
堀川 泰規
電話番号
0898-72-2823
神社主な祭礼
 1月 1日 元旦祭
 1月15日 神明祭 お炊上祭
 2月 1日 厄除年賀祭
 4月10日 春季例祭
 7月20日 夏越祭
10月16,17日 秋季例祭
11月15日 七五三詣
12月31日 年越祭
神社主祭神
大山祇大神(おほやまつみのおほかみ)
高龗大神(たかおかみのおほかみ)
雷大神(いかづちのおほかみ)
神社境内社
花陵神社(奇玉命)
八坂神社(須佐之男命外一柱)
倉末神社(猿田彦命外二柱)
美神社(多紀理姫命外二柱)
興玉神社(猿田彦命)
蛇之神社(少彦名命)
荒神社(奥津彦神外一柱)
神社御神徳
産土鎮守
郷土安泰
家内安全
五穀豊穣
商売繁昌
安産育児
厄除年賀
病気平癒
神社由緒
 元明天皇の和銅5年(712年)8月23日、勅詔によって国司河野伊予守越智宿禰玉興、玉澄が井出郷の総鎮守として大山祇神社より勧請された古社で(一書に曰く聖武天皇の御宇天平年中河野益雄御勧請とも云)国司領主の崇敬厚く、河野家より境内八町四面の永代赦免状と寄附状の朱印があった。
 後に井河神を開発の守護神として合祀し、その後、寛永15年(1638年)小松藩主一柳直頼公が入封して本殿再建し、歴代の藩主も社殿修覆、領内主席神社として、参勤交代の節は道中安全祈願を行った。嘉永7年(1854年)にこの船山に遷座され、頂上に祀られし船山八幡宮を本社に合祀し、明治5年村社となり、明治28年1月31日郷社に列格した。
 花陵神社は嘉永7年に本社をこの船山の地に遷宮の時、古墳を開掘して石棺の人骨、副葬品を多数に出土し、一部を帝室博物館に、残りを花陵神社に奉斎しその霊を神として祀っている。この当時の様は舟山騒動の芝居の起因として世に知られている。
 10月17日の秋祭には、だんじり10数台が、五穀豊穣と家内安全の祈りを込めて、境内で絢爛豪華な練りが奉納されている。
神社鎮座地
西条市小松町新屋敷甲2234
神社駐車場
有 10台