TOP > 神社を検索

宮内神社

神社名
宮内神社
ふりがな
みやうちじんじゃ
宮司名
真鍋 淑江
電話番号
0898-66-3811
神社主な祭礼
10月15日 例祭
神社主祭神
大山祇神(おほやまつみのかみ)
高龗神(たかおかみのかみ)
雷神(いかづちのかみ)
神社境内社
生田社(稲田女命宮社(仁徳天皇)
荒神社(須佐之男命)
庚神社(猿田彦命)
天神社(菅原道真公)
水神社(水波之女神)
蛭子社(事代主神)
白山社(大山咋命)
祖霊社(神主家祖霊)
狸神
神社由緒
 由緒については種々の伝説があり、二三について記す。
 舒明天皇行宮の古跡であり、天皇の御世11年12月伊予国国司に勅して大三島明神を勧請し、三島新宮と称した。また行宮を津ノ宮と号し、これが郷名になって津宮郷と同地方が唱えられた。
 斉明天皇崩御の際には、当神社に奉幣勅願があり、また貞観13年6月(871)に勅して全国の名社に祈雨祭を行わしめられたとき、伊予国桑村郡津ノ宮大明神の神名が列せられている。
 寿永年間(1182~1184)源平合戦の際、社殿が炎上したが、文治2年(1186)になり、河野通俊が社頭を改造し、神領も旧の如く寄進した。
 南北朝時代代千町原大合戦の時、再び炎上し、宝器等も消失した。
 延元2年3月(1337)征南将軍宮満良親王(後醍醐天皇皇子)御願あって御太刀を添え奉幣の式が執り行われた。
 天正13年8月(1585)小早川隆景が耒攻の時、その陣営となり、越智、櫛部勢等との決戦があったため、社頭は残らず炎上し、神宝も悉く消失した。
 延文4年(1359)6月の旱魃の際、神主藤原松麿に周布・桑村両郡の雨乞を命じられた記録もある。
 社号も何度か変更があったようである。史書に、周敷宮内大明神、津宮周敷大明神、三島新宮、宮内大明神と記されているのを見るが、寛文年間(1661~1672)に今の宮内神社と改められたことは棟札等により立証されている。
 松山藩との関係は城主が神領の寄進、社殿の再建、社殿の修治の他、歴代城主の社参、金穀の寄進等があり、大層深いものがあったようである。〔寛永15年9月(1638)、寛文13年5月(1673)、宝永3年5月(1706)、享保16年(1722)など〕
 現在の本殿は天保4年(1833)、拝殿は明治初期の建築とのことである。
 氏子は河原津、黒之谷並びに河之内の一部を除き、河北一帯旧三カ村(庄内・三芳・楠)の全域千余戸、旧称六千石の地に亘り、古の津ノ宮、御井両郷の総氏神として崇敬されている。
 なお秋祭りには三体の神輿が三地区に分かれて御巡行する。子ども神輿、獅子舞、祝太鼓なども宮出しに参加し祭りを盛りたてている。
神社神職常駐
あり
神社鎮座地
西条市宮之内47,48
神社駐車場
有 50台