TOP > 神社を検索

稲荷神社

  • 境内の紅葉

  • 湯釜

神社名
稲荷神社
ふりがな
いなりじんじゃ
宮司名
高市 節子
電話番号
0893-25-2468
神社主な祭礼
10月 5日 例祭(秋季大祭本殿祭)
11月10日 例祭(秋季大祭神輿巡幸)
神社主祭神
宇迦之魂神(うかのみたまのかみ)
神社御神徳
商売繁盛・厄除開運・学業成就等
※毎年11月に入りますと、崇敬者の方々が神様のご加護を頂き又「もみじ」の紅葉に心を癒されておられます。
神社特殊神事
旧初午の日に湯釜祭
神社由緒
 古き時代は、神南山を神域として祭祀が行われていた。建立年月日は不詳。安永5年10月修造。新谷藩主加藤家累代の崇敬を集めた藩内第一の神社で造営修理は藩費で行われていた。
 明治4年縣社に列格し、明治5年廃新谷縣郷社になる。加藤公が江戸からの帰途、高雄の紅葉をめで、苗木を持ち帰り加藤公の祈願所である稲荷神社の境内に植樹された。現在では老楓の数本が11月ともなれば美しく紅葉し老木の貫禄を示している。平成14年中殿改修す。
神社鎮座地
大洲市新谷乙240
神社駐車場
有 50台