TOP > 神社を検索

波賀部神社

神社名
波賀部神社
ふりがな
はかべじんじゃ
宮司名
武智 彰宏
電話番号
089-975-0383
神社主な祭礼
 1月 1日 歳旦祭
 2月中旬  祈年祭
 5月 3日 春季祭
 7月31日 夏越祭(大祓)
10月5~7日 秋季例大祭
11月23日 新嘗祭
神社主祭神
大山積命(おほやまつみのみこと)
雷神(いかづちのかみ)
高龗神(たかおかみのかみ)
配神:寛王命(かんのうのみこと)
神社境内社
床浦神社
朝日社
金刀比羅神社
生目神社
一事神社
太刀打神社
神社御神徳
諸願成就
神社由緒
 聖武天皇の御代、神亀5年(728)、伊予の豪族越智玉純が、大三島より勧請し、石井郷一宮三島大明神と称した。
 後に、嵯峨天皇の皇子寛王が、伊予の国司として赴任されたが、貞観18年(876)この地で亡
くなられ、神社の傍らに遺骸を葬り、神霊を合祀したことから、社号を墓邊神社と改称した。
 その後、陽成天皇の御代、元慶2年(878)、従五位下の階位を授けられたと三代実録にある。
 後世、墓の字を忌み波賀部神社に改めた。
 永禄、元亀年間に、大友義純、長曾我部元親が乱入した際には、三島大明神の社名額を掲げて危難を免れ、以後、王塚三島大明神と称えたが、明治14年、官許を得て、波賀部神社に復した。
神社鎮座地
松山市高井町1067
神社駐車場